ホーム …→ 専門医療センター …→ 鏡視下手術センター

文字サイズ

  • 標準
  • 大

専門医療センター

鏡視下手術センター

婦人科での腹腔鏡手術を受けられる方へ
-腹腔鏡手術の正しい理解のために-

腹腔鏡手術の目的

10数年前までは婦人科の手術治療は開腹手術と腟式手術のみでした。ところが、1990年前後より一部の施設で腹腔鏡手術が行われたことが端緒となり、本術式は「からだに優しい手術(低侵襲手術)」として全世界に波及しました。現行での産婦人科領域の腹腔鏡手術は、基本的には良性疾患(以下の腹腔鏡手術の適応疾患をご参照ください)を対象としております。本術式は、入院期間の短縮と早期社会復帰を目指す低侵襲性治療として位置付けられており、現代女性のニーズに即応した先進の手術手法として国内外で高く評価されています。

腹腔鏡手術の適応疾患

  1. 子宮筋腫/子宮腺筋症
  2. 良性子宮付属器(卵巣)腫瘍
  3. 子宮内膜症
  4. 不妊症(子宮付属器癒着、卵管閉塞、奇形)
  5. 子宮外妊娠など

婦人科良性疾患のほとんどが腹腔鏡手術の適応です。

腹腔鏡手術の方法

開腹手術

腹腔鏡手術は、臍部(おへそ)の周囲から直径5〜10mmのスコープを腹腔内に挿入し、テレビモニター上に映し出された映像を見ながら操作を行う新しい手術です。

一般的な開腹手術は、図1・図2に示すような15cm前後の皮膚切開で行われますが、腹腔鏡手術は図3に示すような皮膚切開3〜4箇所で行われます。したがって、腹腔鏡手術は皮膚切開創が開腹手術よりも短小なため美容的にも優れており、手術後の疼痛も開腹手術に比べ軽いのが特徴です。そのため、術後の回復が早く、入院期間の短縮と早期での社会復帰が可能なことが最大の利点です。


腹腔鏡手術のデメリット

このように腹腔鏡手術はメリットの多い手術ではありますが、手術を行う上で若干の制約もあります。それは、開腹手術が十分な皮膚切開創から術者が自分の目で直に病巣を確認し、自分の手で直接病巣を触って行う手術方法であるのに対し、腹腔鏡手術は術者の目の代わりにテレビモニターを、また術者の手の代わりに鉗子を用いる限られた視野(閉鎖腔)での手術方法であるからです。
したがって、下記の理由で、腹腔鏡手術の遂行が困難と判断された場合には、開腹手術に移行することがあります。

  1. 腹腔内病変が予想以上に拡がっている場合
  2. 腹腔内に悪性病変(癌)が認められた場合
  3. 腹腔内癒着が広範囲かつ強固な場合
  4. 手術経過中にコントロールできない出血が生じた場合

このような場合には、麻酔科医の立ち会いのもとに速やかに開腹手術に移行しますので何ら心配はありません。

腹腔鏡手術での合併症ないしは偶発症について

手術にともなう出血量が多い場合には、輸血の可能性もあります。合併症として、皮下気腫・術後出血/術後感染・腸閉塞・血栓症・ガス塞栓症等があります。癒着が強固な場合には、偶発症として隣接臓器(腸管・膀胱・尿管)損傷の可能性もあります。また術後に行われる摘出臓器の病理組織診断において悪性所見が得られた場合には、再入院および追加治療(再手術)が必要となります。上記合併症ないしは偶発症は腹腔鏡手術に限ったものではなく(但し、皮下気腫とガス塞栓症は腹腔鏡手術に特有の合併症)、手術治療全般で起こり得る事柄です。我々は日々、細心の注意を払い手術に臨んでおりますが、開腹手術でも腹腔鏡手術でも合併症/偶発症の完全回避は困難なことをご理解下さい。

よくある質問

Q.保険はききますか?
A.入院と手術に関しては、全て健康保険が適用されます。個室料金は別です。
Q.退院は? 仕事への復帰は?
A.退院は術後経過が良好であれば術後4日目です。
仕事への復帰は退院後約1週間で可能です。
Q.腹腔鏡手術は小さな手術ですか?
A.いいえ、開腹手術と内容は一緒です。
手術時間は卵巣/卵管の手術で約 2時間、子宮筋腫核出術や子宮全摘術では3時間半ほどかかります(実際の手術時間に加え、手術室での準備や全身麻酔の導入・覚醒に1時間ほど必要です)。癒着があると手術時間は約1.5〜2倍に延長しますが、出血量は開腹手術に比べ少ないのが特徴です。
繊細な手技を駆使して行う手術なので、開腹手術よりは手術時間は延長しますが心配はありません。
 

卵巣腫瘍に対する腹腔鏡手術について

卵巣に限らず、全ての癌の確定診断は下記のように行われます。

癌の確定診断を行うには、腫瘍組織の一部を採取

↓

病理組織検査(顕微鏡でガン細胞の有無を判定)

↓

良性、境界悪性、悪性腫瘍の診断が確定する

すなわち、癌と診断するには腫瘍組織の採取が必須の条件となります。しかし、外来ではお腹の中の卵巣腫瘍組織を採取することはできません。そのために我々は術前に、内診、超音波画像診断、MRI、CT、腫瘍マーカー(血液検査)などで悪性の可能性を判断します。しかし、これら検査で得られた結果はあくまでも補助診断であり、確定診断ではありません。まわりくどい説明になりましたが、手術前には卵巣腫瘍の良・悪性の確実な判定はできないということをご理解下さい。
卵巣の腫瘍組織を採取する手段は手術以外にないため、最終的には手術で摘出した腫瘍の組織診断で「良性、境界悪性、悪性」と診断されます。診断に要する期間は術後約2週間です。開腹手術では入院期間が長いため病理検査結果を確認してから退院するというのが一般的ですが、腹腔鏡手術は早期退院(術後4日目)が可能であるため退院後に病理検査結果を確認することになります。
腹腔鏡手術の守備範囲は「良性、境界悪性」までですので「悪性」と診断された場合には、再入院、再手術の必要性があることをご承知おき下さい。

当科では腹腔鏡手術希望者の増加により手術待機期間が著しく延長しております。悪性腫瘍(癌)を心配される方は他施設への紹介状を書きますので遠慮なくお申し出下さい。

子宮筋腫の治療について

  1. 子宮筋腫に対する治療の適応
    1. 無症状であるが腹壁から触知される大きさで不安を感じている子宮筋腫
    2. 不妊の原因となるものや妊娠・分娩に悪影響を及ぼす子宮筋腫
    3. 貧血の原因となる子宮筋腫
    4. 下腹部痛、背部痛、頻尿などの圧迫による症状を伴う子宮筋腫
    5. 最近、急速に増大傾向を示す子宮筋腫(子宮筋腫と診断された約 0.5%に子宮肉腫が見つかる)
  2. 治療法の選択は?
    1. 薬物療法
      代表的なものはGnRHアゴニスト療法
      • 一過性の筋腫縮小効果しかない。
        但し、術前投与による手術時間の短縮と出血量減少効果はある。
      • 閉経前婦人(50歳前後)には、逃げ込み療法として効果はある。
  3. 手術療法
    • 妊孕性温存希望あり
      • 子宮鏡手術
      • 腹腔鏡下筋腫核出術
      • 開腹筋腫核出術
    • 妊孕性温存希望なし
      • 子宮鏡手術
      • 腟式子宮全摘術
      • 腹腔鏡下子宮亜全摘術
      • 腹腔鏡下子宮全摘術
      • 開腹子宮亜全摘術(子宮体部切除術)
      • 開腹子宮全摘術
  4. その他 特殊な治療
    • 子宮動脈塞栓術(UAE)、集束超音波治療(FUS)は保険適応なし。
    • 妊娠を望む人には適応外。これら治療法は当科では行っておりません。

手術治療の特長


手術について、不安なことやご質問がありましたらお尋ね下さい。